肌の悩み別

  • 毛穴
  • たるみ
  • ニキビ
  • 乾燥・敏感
  • シミ
  • シワ

毛穴のお悩み

顔の毛穴には、身体よりも皮脂を作る皮脂腺が大きく発達しています。分泌された皮脂と肌表面に残っている古い角質や汚れが付着して毛穴を塞いでしまい表面が酸化した状態なのです紫外線による影響によってや加齢に伴い、 コラーゲンやエラスチンの働きが弱くなって 真皮が衰えて肌がたるみ毛穴となって広がる事もあります。

メイク落としシートで簡単に済ませないこと糖分や脂肪の多い食事やアルコールの過剰摂取には気を付けて下さい。パック後は毛穴が開いた状態です、汚れや細菌が侵入しやすくなりトラブルの原因にも、毛穴を引き締める為にも水分をしっかり入れ保湿して下さい

たるみのお悩み

真皮層にあるバネのような働きをするハリを支えるコラーゲンやエラスチンの質が変化して肌の弾力が失われます。表情筋が衰えるとその上にある脂肪や皮ふを支えられなくなってきますたるみの主な原因は加齢以外に紫外線・生活習慣・乾燥・表情筋や 真相筋の衰えなどがあります。

マッサージの時に下に向かってしないこと、力を入れ過ぎないように。

ニキビのお悩み

肌の角質が厚くなって毛穴に詰まり、過剰な皮脂に雑菌(アクネ菌)が繁殖して炎症を起こすことで起こります大人ニキビは睡眠不足やホルモンバランスの乱れ、メイク汚れ、食生活など色々な原因が重なって起こるため 治りにくい事が多くきちんとしたケアをしないとニキビ跡が残ってしまいます

  • 初期の段階炎症前

    白ニキビ

    黒ニキビ

  • 経過途中の段階炎症後

    赤ニキビ

  • 最後の段階膿を持った状態

    黄ニキビ

ニキビを治し二度と再発させない為にも「肌の新陳代謝のサイクルを正常に整える」「皮ふは常に清潔に保つ」事が必要ですニキビへ刺激を与えないことと、乾燥をさけることです。ニキビ跡に関しては肌の内側の水分が少なくなっている(インナードライ)とおもいます。ケアには時間がかかりますが、汚れをしっかり浮かし潤いのある清潔な肌を保ち保水力のあるローションを使い油分の少ない保湿クリームで保護して下さい。大人ニキビは皮脂の分泌が過剰になっているために起きているわけではありません以外にも乾燥した肌に出来る事が多い為、皮脂を落とすタイプの化粧品を使いがちですタバコ・アルコール・紫外線・水道水の塩素はなるべく控えて良く寝て過労やストレスをためないように努めましょう。ニキビのできやすい人は肌を清潔に保つことばかり考え洗顔のし過ぎがちになります。肌は油分と水分のバランスと肌をいつも弱酸性に保つことが大事です。なぜなら、皮脂を除去しすぎると肌のバリア機能が低下し、 ますますニキビができやすくなります。

乾燥肌・敏感肌のお悩み

肌の表面にある潤いの膜が蒸発し水分が不足している状態です。水分が不足するとターンオーバーの正常な働きが出来ません。角質層が厚くなりくすみなどが起こりやすくなります。又、キメが乱れ皮ふ表面に細かい溝が出来て小じわになります石油系や洗浄剤の強いものを使うと肌を傷つける事にもなります環境やストレスによるホルモンバランスの崩れやアレルギーなどひどくなると、 痒みや湿疹、炎症を引き起こすこともあります。そうなると角質層が薄くなり毛細血管が、すけて見えるようになります。

肌に近いPH 弱酸性の成分の洗顔料を使いましょうオイルタイプのクレンジングは油分をとり過ぎてしまうので出来る限り控えましょう。洗顔はしっかり泡を立てて傷をつけないように洗うこと保水力の高い化粧水や保湿のすぐれたクリームを使いましょう乾燥した肌には水分だけでなく適度の油分も必要です。しかし与え過ぎには注意しましょう

しみのお悩み

紫外線をあびると肌の内部を守るために表皮の最低部にあるメラノサイト(メラニンを作る細胞)がメラニン色素をつくりだします。通常 メラニンは正しいターンオーバーの働きにより肌表面へと押上げられ最後には角質となり剥がれておちます。しかし、過剰に紫外線をあびたりニキビや吹き出物・外部からの刺激でメラノサイトが刺激されしみになってしまう事もあります。メラニンは肌を守るためには必要なものです。でも必要以上に作らないためにも紫外線対策をしましょう。肌に負担の少ないUVケアをし、室内にいる時もUVケアをしましょう。UV-Aが窓を通して室内に入ってきます。車も同じです。

クレンジング・洗顔の時に肌を指でごしごし洗っていませんか?刺激を与え過ぎるのも1つの原因です。朝は必ず洗顔をし、保水・保湿をしましょう。そのままにしておくと紫外線が油分に反応してしみになりやすくなります。お肌はターンオーバーを繰り返すことによって生まれ変わります。出来てしまったしみもこうした代謝により肌表面から剥がれおち徐々にうすくなっています。

シワのお悩み

シワは表皮にある角質層の水分が乾燥によって減少したり、 肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが紫外線の影響により傷つけられ、ハリや弾力のない肌にしてしまいます。その他、睡眠不足や過労・老化もしわを引きおこす原因と考えられます。乾燥などが原因となる表皮のシワは保湿によってある程度は改善出来ますが紫外線のダメージで真皮の弾力線維と膠原線維が衰えると、肌のハリが失われシワはより深くなります。

UV-A波・・・・生活紫外線窓ガラスなども通過し日常の生活に四季を通して降り注いでいます。肌をじわじわと黒くし、しみ、しわ、たるみの原因になります。UV-B波・・・・レジャー紫外線夏のお出かけ、アウトドアレジャーで、 肌が赤くなってヒリヒリ痛む、日焼けの原因です。

保湿成分の配合された化粧水などで、水分を補うことです。乾燥しわが目立つ人は皮脂が不足している場合もあります洗顔剤を低刺激で肌に優しい弱酸性の商品に変え、皮脂の量を保つ工夫もしてみましょうお顔のお手入れをするときに、やみくもに下から上へとマッサージをしていませんか?お顔には筋肉の付き方やリンパの流れがあり、それを無視したマッサージはひかえましょう

あなたのお肌のお悩みは?

ノーマル肌

肌の水分量と皮脂量のバランスが上手く保たれている状態。肌にツヤや弾力があり角質層がバリア機能で守られ潤っている毛穴も小さく肌のキメも細かくニキビや吹き出物などの肌トラブルも少ない 健康的で理想的な肌質です。

オイリー肌

特徴は脂浮きしやすくニキビができやすく毛穴の開きや黒ずみもあります。皮脂分泌が高まっていることで、皮脂の出口である毛穴の拡張が起こりキメまで荒くなっています。お肌の水路(皮溝)とスポンジ(皮丘)が乱れた結果、皮脂があふれ出しているのです。このままだと化粧崩れを起こしやすかったり毛穴が異常に目立ったり、 年齢関係なくニキビに悩む事が多くなります。

混合肌

おでこや鼻筋はテカテカするがあごや頬は乾燥する。洗顔後、部分的に突っ張るT-ゾーンばかり脂浮きがすごい季節によって肌質が変化するといった特徴があります肌は場所によって違いがあるので脂性肌と思って皮脂を摂りすぎてしまい乾燥を招いてしまう事もあります。スキンケアには十分注意しましょう

乾燥肌・敏感肌

角質層の水分、皮脂量が共に少なくカサカサになりツッパリが感じられますバリア機能が弱くなっているために刺激を受けやすい状態の肌質です年と共に肌機能も低下する為、保水・保湿が必要です。

ご予約・お問い合わせ 092-558-7237 営業時間:10:00~23:30(最終受付20:30) 定休日:金曜日